第13回「公開ヒーリング」

/中央生涯学習センター(京都府長岡京市)

「公開ヒーリング」を終えて

去る4月24日(日)、京都府長岡京市の“中央生涯学習センター”で第13回「公開ヒーリング」を開催いたしました。

これまでの公開ヒーリングは、横浜を会場として行ってきましたが、「関東以外の場所でも開催してほしい」との声が多く寄せられていました。私たちは、そうした声に少しでもお応えしたいと思い、少しずつ準備を進めてきました。そして今回、関西で初めて公開ヒーリングを開催することができました。

今回、関西での開催を心待ちにしてくださっていた方々から、多数のお申し込みをいただきました。四国や九州にお住いの方からもお電話をいただき、スピリチュアル・ヒーリングへの関心の高まりをあらためて感じました。多くの方がすでにスピリチュアリズムの霊的真理を学んでいて、霊的世界との深い交わりを求めて参加を希望されました。今回も定員をはるかに上回るお申込みがあり、抽選とさせていただきました。残念ながら抽選に外れてしまった方は、次回の公開ヒーリングに再度、お申込みいただけたらと思います。

公開ヒーリングは、霊界と地上がタイアップして行われます。公開ヒーリングの日程が決まると、霊界ではこの日に向けて準備を始めます。私たちヒーラーも、霊界の良き道具となれるよう祈りによって心を高め、万全の態勢で臨んでいきます。今回は特に、関西で初めての公開ヒーリングということで、これまで以上に霊界の方々の周到な準備と導きを強く感じました。

今回から参加定員を30名にさせていただきました。定員を少なくしたため、ヒーラーと会場の皆さんとの距離が縮まり、霊医の道具として働くヒーラーをいっそう身近に感じていただけたことと思います。

何人かの参加者の方が、「会場に入った瞬間から澄み切った霊気を感じ心が清められた」とおっしゃっていましたが、ヒーリングが始まる前から会場内は凛とした高い霊気に満たされていました。ヒーリングが始まると、霊界から届けられる霊的エネルギーが会場全体に行き渡り、厳粛さとともに心に深く染み入るような温かさと安らぎに包まれました。

最初は緊張の面持ちだった皆さんが、次第に穏やかな表情になり、霊的輝きを増していく様子を見て、スピリット・ヒーリングの素晴らしさにあらためて感動し、霊医の道具として働けることに感謝いたしました。

参加者の中には、ヒーリングの間ずっと涙が止まらなかったという方や、ヒーラーの背後で「霊医(スピリット・ドクター)」が活発に活動している様子を感じたという方もいらっしゃいました。直接ヒーリングを受けた方も、それをご覧になっていた方も、公開ヒーリングを通して霊の存在を身近に感じ、深い感動に満たされていることが伝わってきました。公開ヒーリングは2時間ほどの間でしたが、霊界がもたらしてくれた静寂の中で、高い霊的エネルギーに包まれた穏やかな時を過ごすことができました。

今回は、「関西シルバーバーチ読書会」の皆さんに、準備の段階から協力をしていただきました。霊的真理をともに学び、霊的に高め合う同志というべき方たちです。高い意識を持って献身的に協力してくださったことで、公開ヒーリングがいっそう素晴らしいものとなりました。直接お手伝いをしてくださった方々だけでなく、読書会の皆さんが公開ヒーリングの成功を祈ってくださいました。

私たち日本スピリチュアルヒーラー・グループでは、一人でも多くの方に霊的世界の存在を実感していただくために、今後も公開ヒーリングを開催していきたいと思っています(次回は、今年の秋頃に、関東での開催を予定しています)。スピリチュアリズムと出会った方々が、真の霊的交流を通して霊界との絆を深め、霊的人生の新たな一歩を踏み出してくださることを心から願っています。

参加された方の感想