第15回「公開ヒーリング」

/中央生涯学習センター(京都府長岡京市)

「公開ヒーリング」を終えて

4月29日(土)、京都府長岡京市の“中央生涯学習センター”で第15回「公開ヒーリング」を開催いたしました。関西での開催は2回目となります。今回も関西地区だけでなく、九州や四国など遠方からもたくさんのお申込みが寄せられましたが、会場の都合により抽選で30名の方にご参加いただきました。残念ながら抽選に外れてしまった方は、次回の公開ヒーリングに再度、お申込みをいただければと思います。

参加された方の大半はすでに霊的真理を学んでおられ、「霊との真実の交わりを体験したい」「霊的世界を実感したい」と願って参加を希望されました。私たちは、そうした皆さんの期待に応えたいと思い、数か月前から祈りによって心を高め、霊医の道具に徹して公開ヒーリングに臨みました。

公開ヒーリング当日は、朝方、少し肌寒かったのですが、日中は青空が広がる清々しい天気になりました。多くの方が開始時間より早めに着席され、静かに心を整えておられました。ヒーリングが始まる前から会場は高い霊気に満たされ、霊界が万全の体制で臨んでくださっていることが伝わってきました。

参加者の中には、「申し込みの段階からすでにヒーリングが始まっていることを感じた」という方や、「会場に入った瞬間、別世界に踏み込んだような感覚を覚え、非常に感激した」という方もいらっしゃいました。

今回も、初めに「スピリット・ヒーリング」について30分ほどお話をしました。その後、6名の方の直接ヒーリングを行い、続いて全員の方にスピリット・ヒーリングを体験していただきました。全員の方に向けてのヒーリングは、ヒーラーが会場をまわり、お一人お一人の肩に手を置いて霊医からのエネルギーを届けていく、というものです。

ヒーリングは、ゆったりとした霊的雰囲気の中で進められていきました。最初は緊張していた方も、ヒーリングが進むにつれて穏やかな表情に変わっていきました。会場全体が霊医たちの清らかで温かなエネルギーに包まれ、深い安らぎに浸ることができました。参加者全員が霊医の存在を身近に感じ、高級霊の方々と深い霊的交わりの時を持てたことを心から感謝しました。

公開ヒーリングの最後は、いつものように「シルバーバーチの祈り」で締めくくりました。純粋な愛と奉仕精神に満ちたシルバーバーチの祈りが心に染みわたり、大きな感動の中で公開ヒーリングを終えることができました。

終了後のアンケートには、公開ヒーリングに参加できたことへの感謝と感動の思いが綴られていました。また、スピリチュアリズム普及に対する決意を記してくださった方もおり、スピリチュアリズムに対する意識の高さが伝わってきました。

私たちヒーラーグループでは、一人でも多くの方に霊的世界の素晴らしさを知っていただくために、今後も「公開ヒーリング」を開催していきたいと思っています。次回は、秋に関東での開催を予定しています。詳細が決まりましたら、ホームページでお知らせいたします。

参加された方の感想