(4)ヒーリングを希望される方に知っていただきたい内容〈4〉

現代医学との付き合い方について

スピリチュアル・ヒーリングを依頼してくる患者さんから、たびたび次のような質問を受けます。「今も医者に通っていますが、西洋医学の治療を受けながらスピリチュアル・ヒーリングを受けてもいいでしょうか?」おそらく誰もが、同じような気持ちを抱いておられるのではないでしょうか。

スピリチュアル・ヒーリングを希望される方が、現代西洋医学とどのように関わっていくかについては、難しさがともないます。スピリチュアル・ヒーリングと西洋医学との調整は、患者さんにとって現実的でとても切実な問題です。

日本の大半の医師は、スピリチュアル・ヒーリングに否定的

最近ではスピリチュアル・ヒーリングに関心を示す医師が増えてきましたが、それでも大半の医師は、霊や霊界・霊医などといったものは宗教的な“迷信”としか考えられません。自分の患者がスピリチュアル・ヒーリングに関わることには、不快感を持つのが普通です。

その辺りの事情は、西洋医学の医師が自分の立会いのもとで患者にスピリチュアル・ヒーリングを勧めたり、スピリチュアル・ヒーリングに保険が適用される英国とは大きく隔たっています。医師の反対や理解が得られない中で患者さんは、医師(西洋医学)とスピリチュアル・ヒーリングとの間で板ばさみになって混乱し、身動きがとれなくなってしまいます。

絶望の中でスピリチュアル・ヒーリングにすがる多くの病人たち

スピリチュアル・ヒーリングを依頼してくる患者さんの多くが、西洋医学や民間療法や代替医療を十分すぎるほど体験しています。初めからスピリチュアル・ヒーリングだけに頼るというケースは、ほとんどありません。何をしても治らず、絶望の中でスピリチュアル・ヒーリングに最後の望みを託すというのが、大半の患者さんの実情です。

私たちは、そうした方々を歓迎します。あらゆる手を尽くしても治らなかった病気がスピリチュアル・ヒーリングによって治るとするなら、まさにそれこそが「スピリチュアル・ヒーリング(スピリット・ヒーリング)」の真価を証明することになるからです。

西洋医学に不信感を持つ人たち

一方、少数ですが西洋医学に不信感を持ち、初めからホリスティック医学や代替医療、そしてスピリチュアル・ヒーリングに期待を寄せる人もいます。もちろん私たちは、そのような方々も歓迎します。西洋医学の治療は、時に生体維持機能の働きを妨害し、治癒のプロセスを遅らせることがあります。その点、初めからホリスティック医学や代替医療を選択する方は、現代医学による肉体のダメージを受けていない分だけ、スピリチュアル・ヒーリングの効果が出やすいと言えます。

西洋医学とスピリチュアル・ヒーリングを併用するケース

現在、病院に通院中で西洋医学との関係を断つことはできないけれど、スピリチュアル・ヒーリングも試してみたいと思う方もいます。スピリチュアル・ヒーリングを依頼してくるのは、そうした方々が圧倒的に多いのです。そのような方々も、私たちは歓迎します。

ただしそうした方にはまず、これまで述べてきたような「徹底した自己努力」を勧めます。自分の生き方やライフスタイルの間違いによって病気をつくり出しているケースが多いからです。自己努力をする中で病気が治っていくなら、スピリチュアル・ヒーリングに頼る必要はありません。もし「徹底した自己努力」をしたにもかかわらず病気が治らないときには、スピリチュアル・ヒーリングを受けてみるのがよいでしょう。

私たちの方から、西洋医学を排除するようなことはありません

私たちはスピリチュアル・ヒーリングを希望する患者さんに対して「自己努力」を勧めますが、明らかに間違っているというケース以外は、患者さんが現在受けている西洋医学の治療を否定したり排除しようとするようなことはありません。薬の過剰摂取による副作用(薬害)や、薬物による自然治癒力の阻害といった事実は確かに存在しますが、それでも私たちの方からその治療をやめるように言うことはありません。

西洋医学の治療をやめるかどうかについては、患者さん自身が自分の責任で判断すべき問題であると考えています。患者さんの中には、「そちら(ヒーラー)から医者を説得してほしい」といったことを希望する方もいますが、それについてはすべてお断りしています。

私たちヒーラーに要求されているのは、「霊医の道具」として働くことだけです。常にその立場に立って使命に徹することが、私たちのなすべきことです。たとえ悪条件の中であっても「霊医の道具」としてベストを尽くすことが、私たちの役割なのです。

西洋医学と上手に付き合う

一番よいのは、スピリチュアル・ヒーリングに理解のある医師を見つけ出すこと

現代西洋医学は“唯物主義”に立脚しているため、多くの問題や欠点を抱えています。しかし現在、いざという時に最も頼りになるのが西洋医学であることは事実です。感染症や生命に関わるような緊急事態、あるいは外科的処置が必要な場合や苦痛が激しい場合には、西洋医学に頼るべきです。「霊的真理」が地球上に普及し、それが人類にとっての常識、医学関係者にとっての常識となったときには、今とは比べものにならないほど発達した医学が確立されることになるでしょう。しかし21世紀の現時点では、未熟な医学であっても、それと上手に付き合っていかなければなりません。

一番よいのは、スピリチュアル・ヒーリングに理解のある医師を探し出すことです。最近ではホリスティック医学関係者の中に、スピリチュアル・ヒーリングに理解を示す医師が増えてきました。そうした医師との出会いが得られれば、西洋医学の中から最も適切な治療方法を選び、それとスピリチュアル・ヒーリングを上手に併用する道を選択してくれるはずです。