(3)ヒーリングを希望される方に知っていただきたい内容〈3〉

セルフヒーリング(自己努力)の具体的な内容

病気の原因となる「カルマ(神の摂理への違反)」は、人によってさまざまです。「霊的次元のカルマ」、「精神的次元のカルマ」、そして「肉体的次元のカルマ」があります。こうしたカルマは、患者本人の自己努力によって、ある程度まで消滅させることができます。当然、それに応じてスピリット・ヒーリングの治療効果が高まることになります。

当ヒーラーグループでは、第1段階のスピリット・ヒーリングと第2段階のスピリット・ヒーリングの間に、患者さんに「セルフヒーリング(自己努力)」をお願いしています。それは第2段階のスピリット・ヒーリングの治療効果を高めるためです。

ここではセルフヒーリングの具体的な内容について説明します。

「霊的次元のカルマ」を減らす自己努力

  • カネやモノへの執着を捨て(物欲を捨て)、内面的な幸せを心の中心に置く
  • 利己的な思いを捨て、利他的な思いを持つ。自分と家族ではなく、他人と人類全体の幸福を願い、少しでも人のために役立つことを実践する
  • 地上世界だけの幸せを求めず、死後の霊界での幸せを求める物質世界がメインではなく、霊的世界がメインであるから)。死を恐れず、むしろ霊界に行くことを楽しみに待つ

「精神的次元のカルマ」を減らす自己努力

  • 心の中に、不安・心配・怒り・悲しみといったマイナスの感情をため込まない
  • 1人だけの静かな時間を最低、1日1回は確保する。一定時間(10分でも)瞑想をする
  • 呼吸法(深呼吸)を実践して、霊的エネルギーを取り入れるようにする

「肉体的次元のカルマ」を減らす自己努力

正しい食生活を心がける

現代人が抱えている多くの病気は、間違った不自然な「欧米型の食事(肉食中心・油料理中心)」によって発生しています。穀物と豆と野菜を中心とした伝統的な日本食にしてください。質素な菜食主義が、病気治療のための食生活となります。『ホリスティック健康学・栄養学入門』(ホリスティック健康学・栄養学研究所発行)を参考にして、食事改善を実行してください。

適度な運動を心がける

人間の肉体は、運動によってバランスがとれ、健康が維持されるようになっています。体調・症状に合わせて、少しでも体を動かすようにしてください。毎日30分~1時間ほどウォーキングを続けてください。自分では全く運動をすることができず、汗をかけなくなった寝たきりの方は、今よりも病気が良くなることは望めません。

有害な物質の摂取をストップする

どんなに病気を治したいと願っていても、肉体にとって有害なものを自ら摂っているなら、健康を手にすることはできません。タバコの吸い過ぎ、アルコールの飲み過ぎ、化学物質・薬物(医薬品)の摂り過ぎは、自己努力として真っ先にやめるべきものです。

以上のように、「セルフヒーリング(自己努力)」の内容を具体的に示しました。この自己努力のリストを一読しただけで、これまでの生活を根本から変えなければならないことを実感されたものと思います。それだけこれまでの生き方や生活スタイルが、健康にとってマイナスであったということです。自己努力の内容は、実は人間が健康な生活を送るための“健康法”でもあるのです。

この健康法は、そのまま病気の治療法、それも最も効果的な治療法になっています。問題は、この健康法を実践するにはたいへんな決意と信念と努力が要求されるということです。人任せでは、健康を手にすることはできません。ヒーラーや医者任せでは、病気は治せません。自らの決意によって正しい努力をした者だけが、健康を手にすることができるのです。こうした「セルフヒーリング(自己努力)」が、第2段階のスピリット・ヒーリングの治療効果を大きく左右することになります。

ここで示した内容を実践に移すかどうかは、すべて皆さん方の決意しだいです。