(2)ヒーリングを希望される方に知っていただきたい内容〈2〉

スピリット・ヒーリングの進め方・全体の流れについて

当ヒーラーグループによる「スピリット・ヒーリング」は、以下のような2段階のプロセスで進行します。その流れの全体を示すと、次のようになります。この流れの中で、患者さんには「セルフヒーリング(自己努力による治療)」をしていただくことになります。

  • ヒーリングの依頼
  • 第1段階のスピリット・ヒーリング
  • 患者さん自身によるセルフヒーリング
  • 第2段階のスピリット・ヒーリング

この流れの中の一つ一つの項目について説明します。

第1段階のスピリット・ヒーリング

「霊医」による直接的なヒーリング

患者さん本人、あるいは患者さんの知り合いの方から、私たちヒーラーグループに治療依頼の連絡が入ると、その瞬間から霊界では患者さんに向けて治療が開始されます。霊医たちは、さまざまな手段を用いて患者に関する情報を集めます。霊的成長レベル(霊性レベル)・カルマの状態・霊的な体質・肉体的な体質・生活スタイルなど、ありとあらゆる情報を収集します。時には、患者の所まで出向いて“オーラ”を分析します。集めた情報をもとに“治療エネルギー”をつくり、それを霊界から直接、患者に与えます。

このとき患者さんの「カルマ」がほぼ消滅していて“治療エネルギー”を受け入れられる状態にあるなら、その瞬間に長年苦しんできた病気が奇跡的に治癒することになります。患者さんは、「ヒーラーに治療を依頼しただけで病気が治った」という奇跡的な体験をすることになります。

霊界から“治療エネルギー”がもたらされても、そのエネルギーを十分に受け入れることができなければ病気は治癒しません。そうした場合には、霊医たちは治療エネルギーに改良を加えます。最初のヒーリングの状況がフィードバックされて、患者に流入しやすい新たな治療エネルギーの開発が進められます。そして再び、患者に向けて改良された治療エネルギーが届けられます。このため人によっては、私たちの所に治療依頼の連絡をしたあと、しばらくして徐々に病気が治癒するようなことが生じます。

こうした第1段階のスピリット・ヒーリングがどうしても効を奏さないときには、第2段階の治療に進みます。

第1段階のスピリット・ヒーリング

第2段階のスピリット・ヒーリング

地上のヒーラーを用いた間接的なヒーリング

第1段階のヒーリングにおいて“治療エネルギー”が患者に流入しない場合には、霊医たちは次の段階として、地上のヒーラーを通過させることによって“治療エネルギー”に物質性を加え、患者がそれを受け入れやすい状況をつくります。これが第2段階のスピリット・ヒーリングです。物質性が加わった治療エネルギーは受け入れやすくなっているため、第1段階では反応が生じなかった患者さんにも、変化が起きるようになります。

ただしこの場合も、最終的には患者さんの「カルマ」の状況がヒーリングの結果を左右することになります。完治するためには病気の原因となっていた「カルマ」が消滅していることが必要です。そうでないかぎり、部分的な治癒にとどまるか、ほとんど反応が生じないことになります。

第2段階のスピリット・ヒーリング

セルフヒーリング

患者さん本人による「自己努力」

「カルマ」が残っている場合には、治療エネルギーの流入が妨げられたり、せっかく取り入れた治療エネルギーが全身に行きわたらないため、治癒が生じなかったり、部分的な治癒にとどまってしまいます。しかし、患者さん自身が少しでも「カルマ」を減らす努力をするなら、治療エネルギーの流入と循環が正常化する可能性が出てきます。スピリット・ヒーリングの治療効果を高めるためには、こうした「自己努力」によるプロセスが必要となります。病気は自分がつくったものである以上、本来は自らの努力によって治すべきものです。「セルフヒーリング(自己努力による治療)」とは、まさにそれを実践することなのです。

セルフヒーリングの進展状況によって、第2段階のスピリット・ヒーリングの治療結果が大きく左右されることになります。セルフヒーリングはまさに、第2段階のスピリット・ヒーリングの効果を高めるための準備となっているのです。このため当ヒーラーグループでは、患者さんに対してセルフヒーリングをお願いしています。

セルフヒーリングの具体的な内容については、次で説明します。